teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


孟母断機の教え

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 7月12日(木)09時11分8秒
   「孟母三遷」という言葉は、よく知られている。
 中国の有名な儒学者であった孟子(もうし)の母親の、
 教育に対する姿勢を表わした言葉である。

 孟子が少年だった頃、一家は墓地の近くに住んでいたが、
 孟子が葬式ごっこばかりするので、孟子の母は家を引っ越した。
 そして市場の近くに引っ越したのだが、
 今度は孟子が商売ごっこばかりするので、また母は引っ越した。
 今度は学校の近くに家を引っ越すと、
 ようやく孟子は勉強をするようになった。
 というのが「孟母三遷」の故事である。

 この「孟母三遷」というのは別に、
 「子供に勉強させたかったら学校の近くに引越しなさい」
 「葬儀屋や商店の近くに住んではいけません」
 「子供と住むなら、東京大学や代ゼミの近くの家にしなさい」
 という意味ではない。
 「子供の成長には、環境が大切である」という意味である。

 さてさて、そんな孟子も立派に成長し、
 孔子(こうし)の孫にあたる子思という人物の門下に入り、
 その学問所で儒学を学ぶことになった。
 しばらくして、ある程度の学問を習得した孟子は、
 お土産を持って実家に帰ってきた。
 ちょうど母親はその時、機を織っていた。
 久しぶりに帰ってきた息子の孟子に、母は言った。
 「おや、どうして帰ってきたんだい」
 「母上への親孝行かと思い、帰ってまいりました」
 「学問所での学問は、どの程度まで学べたのかい」
 「ある程度までです。まあいいところまで学んだので、
  一旦帰省させてもらうために、学問所にはお休みを頂きました」
 孟子の答えを聞いた母親は顔色を変えて、機を織る手を止めた。
 そして、引き出しの中から小さな刀を取り出すと、
 間もなく完成しようとする織りかけの織物を、
 刀で真ん中からビリビリと切り裂いてしまった。
 「ああっ、なぜ完成間近の大切な布を破るのです!?」
 慌てて孟子は言った。
 二つに断ち切られた織物を手にしたまま、母は答えた。
 「おまえは、学問を完全に習得しようとこの家を発ち、
  学問所に入ったのではないのか。
  学ぶことを中断するということは、
  私がこうやって、編みかけの織物を
  途中で切ってしまうのと同じようなことなんだよ」

 母の眼は怒りにも似た光を放っていた。
 孟子がお土産として持って帰った高価な茶葉の瓶を、
 今にも裏の川にチャッポーと投げ捨てんばかりだった。
 孟子は母の言いたいことの全てを理解して、
 泣きながらまた学問所に戻っていった。

 そして孟子は、子思先生の下で毎日学問に明け暮れ、
 やがて国内にその名を轟かせる名儒学者になった。
 その孟子の教えが記された書物「孟子」は、
 四書五経のひとつにも数えられる名著となる。

 後に誰もが、
 「孟子の母こそ、人間の母親のあるべき姿を知る人間である」
 と評価し、その教えを「孟母断機の教え」と呼んだ。
 
 

将(上司)にある立場の人間の「八弊」

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 7月 4日(水)13時35分57秒
  中国の三国時代の興亡を描いた
「三国志」の諸葛孔明は、人を束ねるべき将帥の地位にある人間
に対して、その地位にあるべきでない8つの欠点を述べている。
 この八弊に当てはまる者は、上司失格。

 1.いつまでも満足できないほど貪欲すぎること。
 2.能力のある人間に対して嫉妬すること。
 3.誹謗中傷を信用し、媚びへつらう者を好むこと。
 4.相手のことを疑うばかりで、自分のことを知ろうとしないこと。
 5.優柔不断で、自分で決断することができないこと。
 6.酒や情事におぼれること。
 7.悪だくみを行ない、しかも臆病者であること。
 8.口先だけは巧みで、礼節を知らないこと。
 

ペイフォワードビジネスのメルマガより

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 6月27日(水)13時25分50秒
  ★「未来は変えられる(小事こそ大事)」

ハインリッヒの法則
  「重傷」以上の災害が1件あったら、
  その背後には、29件の「軽傷」を伴う災害が起こっており、
  更にその軽傷を伴う災害の背後には300件もの「ヒヤリ・ハット」した
  (危うく大惨事になる)傷害のない災害が起きていたいう、
  「災害」について現れた数値「1:29:300」の法則です。

  ビジネスに置き換えるなら
  一つ大きな成功の裏側には29個の小さな成功が隠れており、
  その29個の小さな成功の裏側には、300個の更に小さな成功が
  隠れているということです。
  人はいつの時代も「努力する」とか、「苦労する」ということを
  嫌う傾向がありますが、この世の中の98%は凡人であり、その凡人が
  普通に生きていたら手に入れられないような成功を手に入れるには、
  努力や苦労が伴い、小さなことを積み重ねていくしかないと言うことは
  みなさん周知のことと思います

■ 今の人生のポジション(人格・能力・社会的地位・経済力など)
  を創ったのは、「今まで何をしてきたか」という『過去』ですよね。
  では、「10年後、20年後、皆さんの人生のポジションは何によって
  創られるのか」と言うことですが、
  これは「これから何をするか」という『未来』が作るわけです。

■ 要するに、今の人生のポジションは、
  自分自身が過去蒔いた種の結果、咲いた一厘の花であり、
  10年後、20年後にどんな花を咲かせるかは、これから
  蒔く種の質によって決まるのです。
  全ては小さなことの積み重ねの集積です。
 

豊田佐吉の言葉

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 6月18日(月)16時33分56秒
  「人間のやったことは、人間がまだやれることの100分の1にすぎない」  

袖すり合った縁をも活かす

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 6月18日(月)11時23分23秒
   昔の人が、こんな言葉を言ったという。
   小才は、縁に出会って縁に気づかず。
   中才は、縁に気づいて縁を活かさず。
   大才は、袖すり合った縁をも活かす。

 「小さな才しかない人は、
  縁に出会いながらも、その縁に気づくことはない。
  まあまあの才の人は、
  縁に出会ったことは気づくが、その縁を活かしきれない。
  素晴らしい才の人は、
  袖が触れただけの人との縁も、見事に活かすものである」
 という意味。
 

「だから、部下がついてこない!」嶋津 良智 (著) より

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 5月18日(金)09時37分0秒
  ★部下を動かそうと思うのは、大きな間違い!
★部下の行動のカギを握るのは「目的」と「目標」
★イメージできない計画は、永久に達成できない
★「実行」のともなわない計画は、無意味である
★人生最大のリスクはチャレンジしないこと
★電車が遅れたのは、じつはあなたの責任だ!
★仕事をするなんて、上司じゃない!
★「忙しい」という部下を疑いなさい
★本当に大切な仕事は、二割しか存在しない
★最高の結果を出したいなら、まず最悪の状況を考える
★部下の相談に乗ってはいけない
★部下のフォローができなきゃ上司じゃない
★上司はよきコーチであれ
★部下を平等に扱うな
★「KKDマネジメント」には限界がある
★部下を育てる褒め方・叱り方
★魔法の行動管理ツール「Z型フォーマット」
★部下に叱られて組織は強くなる
★組織のまんなかに「理念」を置く
★上司は情報にフィルターをかけるな
★組織を変えたければ、まず自分が変われ
 

映画「ロッキー・ザ・ファイナル」より

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 4月20日(金)09時07分22秒
  自分の価値を信じるなら、パンチを恐れるな。
他人のせいにするな。それは卑怯者のすることだ!
 

ある人の言(3)

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 4月12日(木)13時32分17秒
  チャレンジというと、
「大きなものにトライしなくては」と印象をもつかもしれませんが、
必ずしも大きなトライは必要ないのです。
むしろ、日常生活のなかでは、小さなチャレンジの方が登場する機会
が多いですよね。小さなチャレンジの一つを「するか」「しないか」。
最初はたいした差は生まないでしょう。
でも、それを繰り返し、積み重ねていくことで、最終的には大きな差が
出てくるものです。
 

書籍「だから、部下がついてこない!」より

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 4月12日(木)13時31分12秒
  ★部下を動かそうと思うのは、大きな間違い!
★部下の行動のカギを握るのは「目的」と「目標」
★イメージできない計画は、永久に達成できない
★「実行」のともなわない計画は、無意味である
★人生最大のリスクはチャレンジしないこと
★電車が遅れたのは、じつはあなたの責任だ!
★仕事をするなんて、上司じゃない!
★「忙しい」という部下を疑いなさい
★本当に大切な仕事は、二割しか存在しない
★最高の結果を出したいなら、まず最悪の状況を考える
★部下の相談に乗ってはいけない
★部下のフォローができなきゃ上司じゃない
★上司はよきコーチであれ
★部下を平等に扱うな
★「KKDマネジメント」には限界がある
★部下を育てる褒め方・叱り方
★魔法の行動管理ツール「Z型フォーマット」
★部下に叱られて組織は強くなる
★組織のまんなかに「理念」を置く
★上司は情報にフィルターをかけるな
★組織を変えたければ、まず自分が変われ
 

ある人の言(2)

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 4月12日(木)09時54分9秒
    桜の咲く季節ではありますが、1年のうち、桜は春にたった
  1週間の輝くときを過ごすために、暑い夏に耐え、寒い冬を
  乗り越えてたくさんの人を魅了す輝きを解き放つのです。
  逆を言えば、その輝きは、暑い夏も寒い冬も乗り越えた
  ものだけに与えられる勲章のようなものです。

  長い社会生活を過ごしていくに当たり、
  「よくもこんなに俺をいじめてくれるな」
  と思いたくなるくらい、たくさんの困難が次から次へと反吐が
  出るくらい降りかかってきます。
  しかし、そういった一つ一つを乗り越えるからこそ、
  時間を掛けて人間力も鍛えられていきます。
 

成功企業の共通パターン

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 4月 5日(木)17時30分37秒
  ①利益を越えた目的やミッションを持っている
②馬鹿げているというほどの戦略的な目標を掲げている
③個人を越える仕組みや構造を作ることに専念している
④教団的といえるほど、特徴のある強い組織文化を持っている
⑤トップ経営陣を内部から抜擢している
⑥進化的な進歩と改善を常に図っている
 

ある人の言

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 3月26日(月)18時11分48秒
  何としても2階に上がりたい、どうしても2階に上がるという志が
はしごを生み、階段を作り上げるのです。

上がっても上がらなくてもどちらでもいいと思っている人の頭から、
はしごも階段も生まれません。
志さえあれば、後は勇気と行動力と信念があなたを守ってくれます。
 

ある人の言

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 3月12日(月)12時55分17秒
  よく「時間がない」という方がいますが、時間は作るものです。
人は歯が痛ければ時間を作ってでも歯医者に行きます。
「時間がない」と言ってやろうとしない物事は、要するに実行に
対する優先順位が低いことによって、「時間がない」と言い訳を
して自己防衛をしているだけなのです。
何があっても時間は流れ、時は過ぎ、春が過ぎれば夏が来ます。
時間を大切に使うようにしましょう。
 

鳥瞰的に見るクセをつけたい

 投稿者:はすぴー  投稿日:2007年 1月25日(木)09時17分33秒
   「仕事が次から次へと大変で、どうにもならない」
 と、目の前の仕事に追われている方は、
 その現場を上空から見るようなイメージで、
 俯瞰的(高い位置から広い範囲を見下ろすこと)に
 今の現場を見つめてみるとよい。
 目の前に仕事が山積みになってしまうと、
 それらの仕事をこなすことが精一杯になってしまう。
 精一杯になると、視点がその業務のことだけになってしまい、
 他の仕事への影響などを考えなくなってしまったり、
 優先順位が分からなくなってしまったりする。
 その混乱が、「忙しい、忙しい」という気分を招くのである。

 だから何事も、一旦はその場を離れたような視点から、
 鳥瞰的に見るクセをつけたいものである。
 「忙しい、忙しい」という時は、
 「なぜ忙しいんだっけ?」と俯瞰的に見つめなおしてみよう。
 意外なところに、それを回避するヒントも見つかるはずである。
 

メモしておこう・・・

 投稿者:はすぴー  投稿日:2006年12月 1日(金)18時54分12秒
  言葉よりも先に実績を見せることが部下に対し、
説得力を持たせる最高の方法である。
 

メモしておこう・・・

 投稿者:はすぴー  投稿日:2006年11月28日(火)09時17分33秒
  努力して結果が出ると、
自信になる。
努力せず結果が出ると、
傲りになる。
努力せず結果も出ないと、
後悔が残る。
努力して結果が出ないとしても、
経験が残る。
 

読書百遍、義自ずから通ず

 投稿者:はすぴー  投稿日:2006年11月 2日(木)18時08分3秒
   「三国志」の登場人物の中に、董遇という人物がいる。
 董遇は「魏」の国に仕えた人物で、第二代皇帝の明帝(曹叡)
の時代には大司農にまで出世した人物だ。
 董遇は学問に通じ、「老子」や「春秋左氏伝」を編纂したほどで、
 その才能は国内外に知られていた。
 そのため、董遇に一度教えを乞いたいと、多くの人が近寄った。
 しかし董遇は、彼らの依頼を全て断って言った。

 「私に教わるよりもまず、読書を何度も何度も続けなさい。
  読書を何度も何度も続ければ、その意義は自然に分かります」
 ところが、董遇に教えを乞うて断られた男の一人は、
 「そんなに本を読む時間がないのです」と返した。
 すると、董遇はこう言った。
 「時間がない、ということはありませんよ。
  読書をするならば、『三余』の時に読めばいいのです。
  三余とは、一年の余りである冬、一日の余りである夜、
  一時の余りである雨の時間のことです。
  時間が無くても三余の時に読めば、必ず読めます」

 この話から、
 『読書百遍、義自ずから通ず』という故事成語が生まれた。
 本から得られる真の意義は、人に聞いて分かるものではない。
 本人が何度も読み返した末に分かるものなのである。

 時間が無い、というのは単なる言いわけ。
 「本を読む時間がないので、パパッと教えて下さい」なんて
 手っ取り早く済まそうというのも間違い。
 百篇でも自分で読んでみなければ、決してその意義は分からない。
 「忙しいから本が読めない」と言う人は恐らく、
 忙しくなくても本は読まないと思う。間違いない。
 ぜひとも「時間が無い」という逃げ口上だけは封印したい。
 

組織は戦略に従い、戦略は情熱に従う

 投稿者:はすぴー  投稿日:2006年10月10日(火)16時08分49秒
  うまくいかない企業は戦略があっても戦略を本当に実行させよう
と思う人がいなければその戦略は成功しない。
また本当にやってみたいと思わせられなかったらその戦略は何の
意味ももたない。
すなわち実行するか否かを決めるのが情熱であり、それがどんな
に素晴らしい企業戦略を構築しても成功はしない。
情熱という概念をもっと上位におき、浸透させる必要がある。
そのためにどうでもいいような小さなことにも手を抜かないこと。
そうすると情熱を持った組織ができてくる。
つまり情熱が最高の企業文化を創るのである。
 

ビジネスチャンスの可能性

 投稿者:はすぴー  投稿日:2006年 9月25日(月)12時33分20秒
   ある自転車用の用具が、
 今になって急激に売上を伸ばしているらしい。
 そのある自転車用具とは、「傘ホルダー」。
 ハンドルに装着して、傘の柄の部分を固定することで、
 手で傘を持たずに自転車に乗れるというものだ。
 この商品自体は30年前ぐらいから存在している商品で、
 関西のおばちゃんなどの間では愛用している人が多かったのだが、
 ここ最近になって全国的に売れ行きを伸ばしているという。
 その背景には、
 自転車の危険運転に対する取締りが強化されていることにある。

 今年4月から、警察庁は「交通安全対策推進プログラム」により、
 片手運転や二人乗り、飲酒運転などの
 自転車の危険運転の取締りを強化している。
 そこで、この「傘ホルダー」が注目を集めているというわけだ。
 傘ホルダーを利用すること自体も危険性があるのでは、
 という指摘があるようだが、
 消費者には大きなニーズがあることは間違いない。

 何か新しい法律ができたり、取締りが強化されたら、
 「あれができなくなる」
 「これもできなくなる」
 「こんなことも難しくなる…」
 とガッカリする人が多い。
 (路上駐車していた買い物客が来なくなる…!とか)

 ただし、そういう話題に触れた場合には必ず、
 「じゃあ、こういう需要が生まれるのではないか」
 「だったら、こういうサービスがあると便利なのではないか」
 「じゃあ、こういう代替案ができるよね」
 というように、
 その法律施行やルール改正によって
 新たに需要やサービスを考えるクセをつけておこう。
 とんでもないほど大きなビジネスチャンスがあるかもしれない。
 物事の変革がもたらす結果には、そういう表裏が必ずあるものだ。
 表と裏、どちらを先に読もうとするか。
 そこにビジネスセンスの差が現れるのではないだろうか。
 

メモ

 投稿者:はすぴー  投稿日:2006年 9月 8日(金)16時36分9秒
  情報の必要性は企業の表面積が拡大するにつれ、増大する。  

レンタル掲示板
/16