teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:4/303 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

某社長のメルマガから

 投稿者:はすぴー  投稿日:2017年11月14日(火)15時33分0秒
  通報
  中小企業の経営者というのは、仕事のことは自分が一番よく
わかっていて、「こうやればいいんだ」ということが、
一瞬ですべてわかってしまうので、つい、役員や社員の
やっていることに口を出してしまう、
そんな状態になっていませんか。

いままで、自分の思い通りに仕事をしてきて、それで何も
かもうまくいってきた、人生も思い通りに生きてきた。
あまりにもすべて思い通りになってきたので、会社のことも
全部思い通りにするのが当たり前、それが会社のために
なると思い込んでいませんか。

短期的に見れば、それは正しく、会社はうまくいくかもしれません。
でも、長期的にはどうでしょうか。
そして、会社の規模が大きくなったときにはどうでしょうか。
例えば、社員数が300人になったら、1000人になったら、
仕事のすべてをチェックすることはできません。
全員に指示を出すことは不可能です。

会社のこと、仕事のことを一番わかっている経営者の指示通り
にやれば、確かに100点満点の仕事ができるかもしれません。
でも、それだけで会社を経営していくことはできません。
すべて100点の仕事を目指すことが経営の答えではないのです。

70点、60点、50点でもいい。または、40点、30点の仕事でも
いいんです。経営者がすべて指示をしなくても、役員が、社員が、
自分で考えて答えを出していく、そうすれば、企業は成長していきます。
1つ1つの組織が有機的に結びついて、そして、どんどん広がって
いく。それが本当の答えです。

もちろん、自分が一番よくわかっているのですから、
「なんでみんなわからないんだ、できないんだ!」
と思うこともあるかもしれません。
でも実は、それを超えたところに答えがあるのです。

社員100人規模の会社であれば、自分ですべてを仕切って
いくこともできますが、年商1000億、社員1000人、1万人規模
の会社を目指すのであれば、ベストを狙うのではなく、
ベターを狙いましょう。

もし社内に、自分の分身のような存在をたくさん作れば、
みんなに100点の仕事を指示できます。でも、実際には、
自分の分身などなかなか育てられません。3分の1の分身
すらできません。10分の1だって簡単にはできません。

でも、役員も社員も、自分と全然違うからこそ面白いのです。
そして、自分と全然違う考え方であっても、仕事はある程度
うまくいきます。100点ではないかもしれませんが、
きちんと仕事は回っていきます。
そして、会社の規模は広がっていきます。

あえて自分の思い通りにしすぎないこと、コントロールし
過ぎないこと、それが答えではないでしょうか。
それが、会社を大きく飛躍させるための1つのヒントでは
ないかと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/303 《前のページ | 次のページ》
/303